Canon

Canonet

Eudora 6.2

ここでは、Eudora 6.2をお使いの方を対象に、受信(POP)メールサーバー名と送信(SMTP)メールサーバー名の変更方法、および587 Submissionポートをご利用いただくための設定方法をご説明します。
Eudora 6.2では、送信メールのポート番号の設定を追加するため、「Esoteric Settings 6.0」ファイルを「Eudora」フォルダに移動する必要があります。
1. Eudoraのアプリケーションフォルダを右クリックして表示されるメニューから[パッケージの内容を表示]を選びます。
  アプリケーションフォルダ

2. 「Contents」フォルダの中の「Plugins Disabled」フォルダを開きます。
3. 「Esoteric Settings 6.0」ファイルを「Plugins」フォルダに移動します。
  ファイル移動

 
メモ:
「Esoteric Settings 6.0」は、コピーではなく、必ず移動してください。同じファイルが複数あると、設定できなくなります。
4. Eudoraを起動します。
5. [Eudora]メニューから[環境設定]を選択します。
「設定」ダイアログボックスが表示されます。
6. 左側のリストで、「基本設定」をクリックします。
7. 「受信用サーバ」と「SMTPサーバ」に入力されているサーバー名を以下の例に従って変更します。
 
サーバーの種類 変更前 変更後
受信用サーバ mail.example.co.jp pop.example.co.jp
SMTPサーバ mail.example.co.jp smtp.example.co.jp
 

赤文字の部分のみを変更してください。入力するときは、半角で入力してください。
※「.example.co.jp」には、お客様独自のドメイン名が入ります。変更の必要はありません。

  設定

8. 左側のリストで、「メール送信」をクリックします。
9. 以下のように設定します。
  (1) 「認証を許可する」チェックボックスにチェックマークを付けます。
  (2) 「サブミッションポートを使用してください。(587)」チェックボックスにチェックマークを付けます。
  設定2

10. 左側のリストで、「その他」をクリックします。
11. 「CRAM-MD5を無効にする」チェックボックスのチェックマークを外します。
  CRAM-MD5設定

12. 左側のリストで、「ポート/プロトコル」をクリックします。
13. 「SMTPポート」の値を「587」に変更します。
  ポート設定

14. [OK]ボタンをクリックします。
これで設定が完了しましたので、メールが正しく送信できるかどうか確認します。
15. [メッセージ]メニューから[新規メッセージ]を選択します。
16. メッセージウィンドウの「To:」と「Subject:」を以下のように入力して、[待機]ボタンをクリックします。
 
To: canonet@elplan001.jp
Subject: Test

  メッセージウィンドウ

17. [ファイル]メニューから[送信待ちのメッセージを送る]を選択します。
メールが送信されます。
18. 2〜3分後、[ファイル]メニューから[メールの確認]を選択します。
 
メモ:
メールが届かなかった場合は、もうしばらく待ってから、もう一度、メールを受信してください。
19. 以下の内容の「完了通知メール」が届いたら、メールソフトの設定が正しく完了しています。
 
From: canonet@elplan001.jp
Subject: Canonetからのお知らせです。
本文: ・・・ このメールは自動返信メールです ・・・
<<以降、案内文が続きます。>>

 
メモ:
以下のような場合は、メールソフトが正しく設定されていない可能性があります。
メールの送受信時にエラーが発生した
エラーを示すメールを受信した
しばらく待ってもメールが届かない

閉じる
(c) Canon Marketing Japan Inc.