共有ホスティング


ホスティングサービスに関するよくあるご質問
Canonet迷惑メールへの取り組み  
概要 機能紹介 仕様/動作環境 価格
機能紹介に戻る 価格を見る

機能紹介

添付ファイル自動ZIPパスワード化オプション

サービスのメリット
  • 添付ファイル自動的にZIPパスワード化による安全な送信
  • 万が一の誤送信の場合も、パスワードにて守られます
添付ファイル自動ZIPパスワード化オプション 機能詳細
添付ファイル自動ZIPパスワード化オプションは、お客様ドメインから送信されるメールに添付されたファイルを自動でZIPパスワード化し送信するオプションサービスです。
サービスご利用構成

サービスご利用構成
  1. 添付ファイルZIPパスワード化(暗号化)
    添付ファイルをパスワード付きZIPファイルに変換して送信され、送信者へパスワードがメールにて届きます。
    ※自社ドメイン宛の添付ファイルは、ZIP暗号化されません。
    ※宛先に自社ドメインと他社ドメインが混在の場合は、自社ドメイン宛もZIP暗号化されます。
    ※マイデスクでメール転送設定している場合、転送先メールアドレスへの転送はZIP暗号化されません。
    ※グループアドレスをご利用の場合、グループアドレスのメンバへの配送はZIP暗号化されません。
    ※メッセージの形式はテキスト形式にして送信してください。
  2. 除外特定文字機能
    件名に特定指定文字を付記することで、ZIP暗号化の対象外とすることができます。
  3. 固定パスワード付与
    特定のドメイン/アドレスに対して、ZIP暗号化する際に任意の固定パスワードを設定できます。
    ※固定パスワードを複数(2個目以上)設定する場合は、パスワード毎に設定費用がかかります。
  4. 除外メールアカウント設定
    送信元メールアドレスを登録することで、ZIP暗号化の対象外とすることができます。
  5. ホワイトリスト設定
    送信先ドメイン/アドレスを登録することで、ZIP暗号化の対象外とすることがきます。
  6. ファイル拡張子設定
    ファイル拡張子を登録することで、ZIP暗号化するファイル種別を制限することができます。
    ※複数添付ファイルの場合、ZIP対象ファイルが1つでもあるとすべてのファイルがZIP暗号化されます。
  7. グループ設定
    送信元メールアドレスをグループ化することができ、グループに対して「ホワイトリスト設定」、「ファイル拡張子設定」、「固定パスワード設定」を行うことができます。
    ※グループ設定する場合は、グループ毎に設定費用がかかります。
注意事項(1)

本機能は、宛先数(TO,CC,BCC計)が50件までとなります。50件を超えたメールを送信した場合は、自動的に50件毎に分割して配送されます。

注意事項(2)

送信者が添付するファイルに予めパスワードを設定して送信した場合も、本機能の対象となります。

注意事項(3)

Outlook等でhtml形式やリッチテキスト形式などテキスト形式以外を使用した場合は正常に動作しません。
また、Outlook for Macでは正常に動作しません。

注意事項(4)

大量メールの送信においては、下記ご留意事項をお守りください。
・大量メール一回当たりのメール送信数は、最大500通以下に制限ください。
・大量メール一通当たりの送信メールサイズは、最大50KB以下に制限ください。
・大量メールを複数送信する場合は、30分以上間隔を空けて送信してください。

ご提供条件

  1. ご加入条件
    Canonet共有ホスティングのご利用が前提です。
  2. 最低ご利用期間
    1年間となります。
    加入後、1年未満に解約される場合は、1年に満たない分の月額費用を頂きます。
各種お手続き
資料請求 お申し込み お問い合せ ドメイン検索
このページのトップへ
  • (c) Canon Marketing Japan Inc.
  • Canonetサイトについて
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ
  • キヤノンホームページ