共有ホスティング


ホスティングサービスに関するよくあるご質問
Canonet迷惑メールへの取り組み  
概要 機能紹介 仕様/動作環境 価格
ウイルスチェック機能に戻る 機能紹介に戻る 価格を見る

ウイルスについて

コンピュータウイルスとは
極めて小さなプログラムで、感染、潜伏、発病といった機能があり、生物界のウイルスにその挙動、機能がにていることからコンピューターウイルスといわれています。
ウイルスに感染するとマシンの起動に時間がかかったり、または、起動できなくなる、システムの処理速度が遅くなるなどの兆候が見られます。

さらに、放置しておいて発病すると、メッセージを表示したり、音楽を演奏するなど愉快犯的な動作をするものから、ファイルの削除やシステム、データの破壊などを行う悪質な動作をするものもありますので、早期に発見して駆除することが必要です。
安全対策の方法は?
下記のような対策方法があります。

クライアント用ウイルス対策ソフトをインストールしましょう
新種ウイルスに対応するために、最新のウイルス定義ファイルに更新したクライアント用ウイルス対策ソフトをインストールしましょう。ウイルス定義ファイルの更新にあたっては、最新のバージョンを確認しておくことが重要です。

添付ファイルには気をつけましょう
メールの添付ファイルには注意しましょう。
知らない人からのメールはもちろんのこと、知人からのメールといえども気を付けましょう。(特に添付ファイル名の最後の3文字(拡張子)が「exe」「bat」「vbs」などの場合は要注意です)

接続はこまめに切りましょう
常時接続環境の人も、なるべくこまめにインターネット接続を切るようにしましょう。
接続時間が短いほど、不正アクセス被害の可能性は低くなります。

常に最新情報を入手しましょう
ESETウイルス情報
IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)  
ESETが提供するお客様セキュリティ担当者のためのセキュリティ情報
もし感染してしまったら
ウイルスに感染した場合は、そのままシステムを使用し続けていると、感染拡大の恐れがありますので、速やかに下記の対処を行うことが必要です。

他のパソコンとネットワークでつながっている場合は、ただちに接続を切り離し、電源を落とすなどの処置を行って、使用を中止しましょう。それからウイルス対策ソフトを使って、お客さまのコンピューターのウイルスを駆除してください。
各種お手続き
お申し込み お問い合せ ドメイン検索
このページのトップへ
  • (c) Canon Marketing Japan Inc.
  • Canonetサイトについて
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ
  • キヤノンホームページ